訪問見積依頼

NEWS&TOPICS

リフォーム基礎知識

畳からフローリングへのリフォーム ~和室改修工事~

生活スタイルや家族の成長・人数の変化に伴い、

和室を洋室にリフォームするニーズが増えてきています。

マンションでよくある間取りだと、

リビングの隣に和室がある場合がほとんどです。

その和室をリビングと一体化して広くし床をフローリングにしたり、

洋室にして部分的に床をフローリングにしたりと生活スタイルや予算で

様々な対応が可能です。

今回はリビングがすでにフローリングだったので、

和室の建具(襖と敷居)はそのまま残して畳から

フローリングへのリフォームの流れをご紹介します。

 

 

畳を撤去 → 床上げ

 

マンションで使用されている畳の厚さは大抵50~60㎜程度が多いです。

(最近の畳は薄畳と言って、10~30㎜程度のものも多いですが・・・。)

それに対し、マンション用フローリングの厚さは13~15㎜程度なので、

畳の撤去後に床の仕上がりをリビングと同じ高さにする為に

下地工事を行った後にフローリングを貼ります。

 

  

 

畳を撤去し、状況に合わせた下地工事を行います。

今回のように高さ調整の床上げを行わなくても、

左官をしてからフローリングを貼る場合もあります。

 

 

ちなみに・・・

 

今回ご紹介した現場は、和室が縦に並び続いてる間取りでした。

もう一つの和室は、床は同様にフローリングにして押入れを

クローゼットにするリフォームを同時に行いました。

 

  

 

襖と敷居を撤去せずにリフォームを行ったので、

それぞれ柄の違うフローリングを貼ることが出来ました。

 

マンションで畳からフローリングへのリフォームをお考えの方は、

知識と経験豊富な”マリカ”にご相談ください!!

関連記事

2018.03.12::::
リフォーム基礎知識

マンションリフォーム 室内物干し

2018.03.05::::
リフォーム基礎知識

マンションリフォームでトイレ交換。

2017.12.15::::
リフォーム基礎知識

マンションリフォーム後の保証についてご紹介

2018.12.06::::
リフォーム基礎知識

ワンランク上のリフォーム特集‼②